人気ブログランキング |

田舎のカメラ女子ライフ♪

雑誌nonnoに掲載/NHKにカメラ講師として出演した
カメラ女子「寺下ユン」が綴る、ハッピーフォトBlog♪
福井*カメラ女子の会主催してます!(^_^*)

カテゴリ:カメラ女子会( 85 )
蜷川実花・宏子二人展@金津創作の森、かわいいが止まりません!!!♡
a0189805_23222672.jpg
金津創作の森で開かれている、
蜷川実花/宏子二人展
へ、
福井*カメラ女子の会のみんなといってきました!


協賛させていただいたこともあって、
なんと、閉館後に特別にナイトミュージアムを
していただきました!!!
貸切とは贅沢。うれしすぎ。
a0189805_23222746.jpg
最初集合してから、
会場のカフェ「アンビション」さんで
お茶タイムを。

初参加の子もいたり、
初対面の子もいたりで、
自己紹介をしました。

同じカメラ/写真が趣味の女子だもの。
この機会にお近づきになっていただけたらなと。

a0189805_23222716.jpg
17時、閉館時刻を迎えたあと、
創作の森のスタッフさんが登場。
今回のためだけに、
フラッグを作ってくださったのです!!
感激!(^^*)
a0189805_23222767.jpg
そして、担当されたスタッフさんによる、
解説も聞かせていただきました。
展覧会の舞台裏なんて、
なかなか聞くことができないので、
ほんとうおもしろい!!!
a0189805_23222785.jpg
スタッフさんが「かわいい」「かわいい」と
何百回も言いながら搬入をされていたこと(^^)

実花さんのこだわりポイントだったり、
宏子さんのキルトの制作期間だったり、、、
楽しい。贅沢。素晴らしい時間。
a0189805_23222713.jpg
展覧会は3つのお部屋にわかれており、
全て撮影OKなんです。

大事なことは2回いいます。
全て撮影OKなんです。

これって異例のことで。
ただ私たちにとっては、
こんな素敵な作品をおうちに帰ってからも観られるし、
蜷川ワールドに入り込んだような写真もとれるし。
またまた感激です。
a0189805_23222790.jpg
わたしは手芸をあんまりしないので、
キルトの世界とはほぼ無縁でした。
でも、
こんなにかわいくて、
こんなに繊細で、
こんなに表現の幅が広いだなんて
今回の展覧会を通して知ることができました。
a0189805_23222639.jpg
また、創作の森のガラスのところにも作品が。
「コルトン」というそうです。
光の加減で、全くちがった表情を見せる……
なんとも素敵すぎる作品。



早朝のカラフルな光の線。
夕暮れ後、外からみる風景。
どれもたまりません。何度だって観たくなりますね。

a0189805_23222603.jpg
今回24名のカメラ女子メンバーと、
私のムスメ二人と、かわいいベビちゃんが
参加してくれました♪

ああ、かわいいが止まらない。
まだ余韻が(^^*)

いまもまだ、極彩色の、
かわいいの渦の中にいます。

観に行かれていないかた、ぜひ行ってみて。
ほんと素晴らしい展示です。



蜷川実花・蜷川宏子 二人展
ー 写真とキルトが生み出す極彩色の世界 ー
会期2019年7月20(土)~9月29日(日)
時間10:00~17:00(最終入場16:30)

今回のナイトミュージアム開催にあたり、
金津創作の森のスタッフ様、
ご協力ありがとうございました!!!


by deji1_yun | 2019-07-28 23:26 | カメラ女子会
カメラ女子会@福井市 足羽山で紫陽花&パンケーキを撮ろうの会♪

a0189805_23362558.jpg
先日、48回目の福井*カメラ女子の会活動をしました(^^*)

福井*カメラ女子の会とは?


今回のテーマは、「紫陽花」と「パンケーキ」


梅雨のこの時期は、植物にとっては恵の季節。

そして、光が強すぎなく、写真も撮りやすいです。


福井県福井市の市の花は、”紫陽花”。

紫陽花がたくさん植えられているんです。

その中でも、足羽山には、”あじさいロード”と

名付けられた道があります。

a0189805_23362216.jpg

道の両側に、大きな紫陽花が群生

圧巻なんですよ!


この日もあじさいロードを通って、足羽山を登っていくと、

道の両側にもふもふの紫陽花!

テンションMAXで集合場所へ向かいました(^^)


前日からの雨が心配でしたが、

この日、この時間はなんと

雨が上がっていました(^^*)やったー

a0189805_23362253.jpg

お互いカメラが好きな女性同士。

最初は自己紹介を。


いつものように、

・お名前

・カメラの機種

・撮るのが好きなもの

を紹介しあいました。

a0189805_23362287.jpg

もふもふの紫陽花。

私は事情により子連れ参加だったので、

カラフルな傘をもった子どもたちと、

紫陽花をコラボ(笑)

a0189805_23362509.jpg

木陰がたくさんあったので、

紫陽花をしたから見上げて玉ボケも楽しい!


紫系の紫陽花が多かったですが、

白系も(^^*


初の試み、

インスタライブもしてみました。



紫陽花を撮るのはとっても楽しいのですが、

蒸し蒸しで暑すぎること、

想定外に”蚊”が多かったことから、

途中切り上げてカフェに行きました。


虫除けスプレー必要でしたね(+_+;)


a0189805_23362347.jpg

さて、今回うかがったのは、

ASUWAYAMA DECK

http://asuwayamadeck.jp/

a0189805_23362379.jpg

とってもおしゃれで、

写真撮るのがすっごく楽しい♪

事前に撮影許可いただきましたよ~


このカフェは、個人的には

素敵なランチと、

パンケーキがオススメです。

a0189805_23362208.jpg

みんなそれぞれに選んだ

パンケーキ!

運ばれてくると、

これまたテンションMAXです!!(^^)きゃー!

a0189805_23362289.jpg

ベリー系の華やかさ、

アイスのちょっと溶けたところのおいしそうさ、

シロップを垂らすときのたまらんかんじ。


カメラ女子会でのお約束、

「食べる前に、撮る!」

みんなで角度をかえ、

誰かのパンケーキを借り、撮りまくりました♪


そして、いろいろしゃべりながら、

インスタフォローしあいっこしましたよ~

a0189805_23362562.jpg

楽しい時間はあっという間。

参加くださったみなさん、ありがとうございました。

またご一緒しましょうね~~~!!!


by deji1_yun | 2019-07-05 23:46 | カメラ女子会
カメラ女子ツアー〜春のお花と、越前焼の器〜@越前古窯博物館 その2
越前古窯博物館での、カメラ女子ツアー。
レポートその1はこちら

手まり寿司でお腹が膨れたところで、
次は、越前和紙のワークショップ。

a0189805_22113992.jpg
越前和紙、というと、どんな印象でしょうか?
私は…しょうじや、ふすま、伝統的で高級。
でも、この日であった和紙は……
これまたそのイメージを覆すものでした。

なんと、和紙でできたアクセサリー!!
しかも、かわいい〜♪一点物です。

これをこの日は、長田製紙所の長田いずみ先生に
教わりながら作りました。

最初に、好みの柄/色の「もみ和紙」を選びます。
もみ和紙、とは漉いた和紙をぐじゃぐしゃと揉み、広げ、という工程をえて
できあがった、とっても頑丈で柔らかな和紙です。
a0189805_22113961.jpg
選んだら…イメージに合わせて、ちぎるor切る!

そして、アクセサリーのパーツで組み上げていきます。
これが、手先を使うので集中します。
2~3mmほどのパーツを組み合わせるのに悪戦苦闘。
でも、ぶきっちょな私でも、先生に教えてもらいつつ、完成!
かわいい!お気に入り。
a0189805_22113987.jpg
みんな十人十色で、いろんな形/色/組み合わせ。
世界にひとつだけのアクセサリーができました♪

アクセサリー完成後は、
水野家住宅の建物に移動して、小休止がわりに
お茶席を♪
a0189805_22114093.jpg
ここでも、越前焼の茶碗が登場、
淹れたてのお抹茶に、春の干菓子をいただきました。
a0189805_22114062.jpg
和室でいただくお抹茶、思わず静かになってしまいました…(^^*)

最後に、今日のベストショットを選ぶ発表会。
たくさん、たくさん写真を撮りましたが、
一枚だけを選び、タイトル/コメントをつけていただきました。
a0189805_22113930.jpg
今日のお講座でした、前ボケや対角線に配置することも、
早速試してくださって、先生冥利につきました。

みなさん、ときめくポイントって当然違う。
そんな発見ができて、とってもいい時間でした。

最後、私と古窯博物館さんからのプレゼントを。
私からのプチプレゼントには、実は紙の花びらを忍ばせていましたw
気づいてくれたかな…?

今日のために、はるばる一時間以上かけてきてくれた子もいます。
参加してくれて、ありがとう!!
1日一緒に過ごせて、とっても楽しかったです。

また、一緒にカメラ女子しましょうね!!
a0189805_22114198.jpg
最後に、福井県観光連盟のK様、福井県のO様、H様、N様、
古窯博物館のスタッフ皆様、ご尽力どうもありがとうございました。


by deji1_yun | 2019-03-21 22:13 | カメラ女子会
カメラ女子ツアー〜春のお花と、越前焼の器〜@越前古窯博物館

a0189805_22051185.jpg

3月17日は、越前陶芸村の、古窯博物館にて、

カメラ女子ツアーをしました!


古窯は、こよう、と読みます。

2017年に完成したばかりの

まだ新しい博物館なんですよ(^^)


越前古窯博物館


今回のカメラ女子ツアー、テーマは

「春のお花と器(うつわ)とカメラ」


越前焼が有名なこの地で、

春のお花と、越前焼の器を撮ろう…♪

というテーマです。


まず初めに、自己紹介を。

カメラ/写真という共通の趣味を持った女性同士。

せっかくですからお友達になりましょうということで(^^)

a0189805_22051080.jpg

そのあと、古窯博物館の資料館を見学しました。

なんと、学芸員の方のおもしろい解説付き!

解説がないと……

なんとなく、すごい壺(つぼ)なのかな…と思ってしまいますが、


「大甕(おおがめ)には、水かお酒(!?)が入っていた」

「死体を棺の代わりに甕(かめ)に入れていた」

「大きな甕を作るのは、相当な技術」

「自然釉※だからこそ出る、緑色がある」

 ※焼き物は、通常、「釉薬(ゆうやく)」という液体をかけてから、

  釜にいれて焼き上げます。

「研究者の水野九右衛門さんは、学校の先生でカメラをたくさん持っていた」


などなど(^^)


資料館を一周しましたら、

古窯博物館の中の、水野家住宅という多目的施設で、

お花の撮り方のカメラ講座をさせていただきました。

伝統的な古民家の作りが、とっても素敵なんですよ~♪

a0189805_22072586.jpg

さて、「春のお花」といえば

ふんわり、撮ってみたくないですか!?


そんなご提案の元、

・光の向き 逆光やサイド光を使ってみて

・絞り優先モードで背景ボケをしてみて

・前ボケも試してみて

などなど、お話させていただきました。


お話したあとは、実践タイム。

水野家住宅のあちこちに、

越前焼の花器に活けられた春のお花を用意しました。

a0189805_22051180.jpg

ミモザ、スイートピー、チューリップ。

菜の花に、ラナンキュラス、ギリア。

乙女椿(姫椿)に、リューココリーネ、マトリカリア。


あと、わたくし作成ペーパークラフトの椿(笑)

a0189805_22051109.jpg

古窯博物館のスタッフの方にもご協力いただいて、

た~~~くさんの春のお花が、館内中で(^^*)

探索しながら、パチリ、パチリ、おさめていきます。


さっそく前ボケを試してくれる女子も♪嬉しい!

a0189805_22051108.jpg

越前焼、というと

なんだか、渋い、重厚感のある、和のイメージでしたが、

今回お借りした花器は、すっごくかわいい形です。

どちらかというと、洋の花とも、相性ぴったり♪

お花を引き立たせてくれました!

焼き物のイメージがかわりますね!



お花をたくさん撮影した後はおまちかね、ランチ。

古窯博物館の中の、天心堂という建物に移動します。

a0189805_22051266.jpg

天心堂は、福井の伝統産業がこれでもか!と詰まった建物。

照明、壁紙は越前和紙、床は越前焼の陶板。

扉の木工細工は越前箪笥の技術を。

屋根の上には越前鬼瓦の鬼瓦が。

おぉ~。すごいぞ。


さてこの日は、越前市のO-edo+(オーエドプラス)さんの

手まり寿司弁当を、

特別に越前焼のお皿に盛り付けていただきました……


a0189805_22051250.jpg

お寿司の乾燥防止の紙を取り払った瞬間、

「きゃ~~かわいい!!」

「素敵!」

と、感嘆の声が止まりませんでした!

もちろん、シャッターも止まりませんでした(^^*)♪

パチリ、パチリ、おさめていきます。

a0189805_22051168.jpg

……途中で気づきます。

あれ、越前焼のお皿の形、一人一人違う。

そして盛り付け方も、一人一人、違う!

おそれいりました。。。!(*^^*)

a0189805_22051246.jpg

こんなにかわいいお寿司を崩すのはもったいなかったですが、

ご褒美ランチ、ぺろりと平らげました。

一つ一つ、味わいました。


↓続きはこちら↓




by deji1_yun | 2019-03-21 22:09 | カメラ女子会
越前海岸の水仙をインスタジェニックに撮る♡カメラ女子講座

a0189805_13482654.jpg

1216日、越前海岸水仙まつり連動イベントで、

水仙をインスタジェニックに撮る!?カメラ講座をしました(^^*)


越前海岸の水仙、見たことございますか?

ちょこっと咲いている

なんてかんじではなく、


雄大な自然山、海、岩肌、その中に

水仙ばたけが一面に広がっています。

その風景はまさに絶景。


福井県民なら一度は見に行ってほしい!!!

こんなに素敵な場所が地元にあること(^^*)


※以前もブログ書いてました!よかったらご覧ください。




a0189805_13531546.jpg

と話がずれましたが(笑)


越前海岸の中でも、

越前町の水仙ランド内水仙の館で、

カメラ講座スタートしました。


まずは自己紹介(^^*)

同じカメラ/写真/インスタというKWを持つ女性同士、

今回がご縁でお仲間になれたらなということで

いつもお互い自己紹介します。


今回は…5歳から人生の大先輩まで。

幅広~いカメラ女子が集まりましたよ(^^*)うれし~



お講座では、

写真が素敵/インスタジェニックって??

という前置きのお話をした後に、


1.スイセン畑の「絶景」をパチリ!

2.可憐にスイセンを撮るには?

3.”演出”で写真がグッと素敵になる!

おまけ.おすすめアプリ


という3つのお話をしました。


越前町観光連盟のK様の

ご尽力で、水仙を用意してくださり、

葉をとって皮をむいて丸いブーケにしたり、

洋の花と組み合わせてブーケにしました。


a0189805_13530971.jpg

また、水仙は水耕栽培もできる花ですので、

ガラスの器に浮かべてみました。


水仙というと「和」の印象がありますが、

少しの演出で全然変わります!!(^^*)かわいー!

a0189805_13482453.jpg

お講座の後は、外の水仙畑にて撮影。

海岸沿いだけあって……

風がすごい!お花が揺れて撮影は難しかったと思いますが、

それでもたくさん写真を撮りました。


あるお花屋さんに聞いたのですが、

越前水仙はダントツ香りが良いそうです。


一面の水仙畑から立ち上る

スイセンの香りに包まれて

幸せーな撮影タイムでした(^^*)


そして、撮影した後は

お楽しみのスイーツタイム♡

a0189805_13482424.jpg

水仙ランド内にある、

ガレット&クレープカフェ「HAZE」(ヘイズ)さんにて

クレープを食べました。

とってもオシャレで、日本海を一望できるカフェなんですよ〜(^^*)



この日は水仙まつりを開催しており、

期間限定のクレープを出してくださいました!!(^^*)きゃー

その名もナルキッソス。

英語で水仙のことを、narcissus=ナルキッソスと言います。


ギリシャ神話に登場するナルキッソスと

ここ越前町に咲く 美しい水仙をイメージして作られたそうです。

a0189805_13482594.jpg

もちろんクレープも食べる前に撮りました(^^)

アイスが溶ける前に、はやくはやく~~と(笑)

水仙の花束と一緒に撮ったり、

ま俯瞰から撮ってみたり。。。

楽しいですね(^^*)


もちろんお味も、甘酸っぱいラズベリーのアイスが

アクセントでとってもおいしいです~~(^^*)

a0189805_13482556.jpg

みんなでインスタのアカウントを交換しあって、

タグつきで投稿もしましたよ~(^^*)



みてみて♪


a0189805_13490638.jpg

寒い中、ご参加くださったみなさん、

ありがとうございました!


水仙の魅力、いかがでしたか?

またご一緒しましょうね~~~~~!!!


またバックアップしてくださった、

越前町観光連盟Kさん、ありがとうございました!

福井県越前町の観光情報はこちら♪




by deji1_yun | 2018-12-24 13:56 | カメラ女子会
工場見学!?カメラ女子会@アイアンプラネット〜長田工業所さま
今日は、福井県坂井市春江町にある、
長田工業所さんにてカメラ女子会をしました!
a0189805_21220733.jpg
長田工業所さんは、
「アイアンプラネット」
という"鉄の溶接テーマパーク"をされています。


a0189805_21220750.jpg
鉄や溶接の匂いが漂い
溶接の光や音のする工場の中で、
DIYも、体験も、工場見学だってできちゃうんです!(^^*)

集合後は、
小林社長様からのご挨拶。
そして、スタッフ様、カメラ女子の自己紹介タイム。

せっかくご縁があって、
集まった今日ですものね(^^*)
a0189805_21220813.jpg
その後、工業所の職人様による
実演。
a0189805_21220838.jpg
「プラズマ溶断器」というマシーンで、
鉄板をバチバチ!!!と切断。
火花が飛び散るその迫力に、
思わず後ずさりしてしまいました(笑)

次に、「溶接機」で、
鉄板と鉄板を接着。
ここでも、火花が大きく飛び散りました。

………大迫力です……!!!!

普段、会社員としてデザイン業をしたり、
家事に育児、カメラ女子で撮影をしている中で、
「溶接」とは縁がありませんでした。
おもしろい!!
a0189805_21220808.jpg
溶接の光は、太陽の光と同じで、
直接目にしたり、ファインダーでのぞくとNGなので、
今回はライブビュー機能で撮影しました。

この後、職人様からの、
「やってみますか?」とのお誘いで、、、
思わず私も溶断・溶接やってみました!!(笑)

火花が飛ぶので、防火の服を着させてもらい、
ニット帽もキャップにチェンジ。
a0189805_21220875.jpg
いざ…!(笑)
眼の前にすると、火花が怖くて、
大変なへっぴり腰でした。

※小学校高学年の子でしたら、
 体験可能なのです(^^*)

職人さんに手とり足取り教えていただき、
心臓バクバクで
人生初、まさかの溶接に挑みました…!

この溶接マスクという名前のヘルメットが
かっこよくて、ハイテク。
溶接で火花が飛ぶと、自動で
遮光=火花の明るい光を遮ってくれるのです。

溶接しているその場所だけが見えるのです。
すごーい!

a0189805_21220825.jpg
そんなこんなで、あっという間に
1時間経ってしまいました。
この後は、時間の都合がつく方で、
撮影した写真の発表会。

溶接の火花が、花火みたいに放射状に弾け飛んでいる写真!
工場の風景!
モノクロームで撮る子もいました。
それぞれが、いい(^^*)素敵だわ〜♪

a0189805_21220979.jpg
長田工業所のみなさん、
お相手くださり、
ありがとうございました!

今回参加できなかったメンバーもいましたので、
またお邪魔したいな〜と思います。



by deji1_yun | 2018-12-01 21:23 | カメラ女子会
敦賀 カメラ教室&カメラさんぽ 金ヶ崎緑地&赤レンガ倉庫
a0189805_11481922.jpg

11月3日、敦賀でカメラさんぽをしました♪

今回も、#つるがバスさんぽ キャンペーンとのコラボ企画!
========================
#つるがバスさんぽ キャンペーンとは…?
========================
2018年7月1日(日)から11月30日(金)
の間に、キャンペーンアカウント(instagram/Twitter)をフォローして、
敦賀市内の写真を

#つるがバスさんぽ

というタグ付きで投稿すると、
毎月5名に図書券が当たる!というもの。


a0189805_11481883.jpg
今回の目的地は、金ヶ崎緑地と赤レンガ倉庫。
金ヶ崎緑地は、とっても気持ちのいい港町の公園なんですよ♪

まずは、JR敦賀駅内の広場に集合。
この敦賀駅、新幹線が停まる駅ということもあって、
とってもキレイにリニューアルされているんです。

集合したみんなで自己紹介をしました。
敦賀市、小浜市、鯖江市、福井市など、津々浦々から集合です。

次に、私からカメラ講座を。
今回は、
1. カメラ散歩の楽しみ方♪
2. 構図、を活用して素敵を切りとる
3. アプリ加工でよりフォトジェニックに
という3つのお話をしました。

カメラさんぽ、普通にしても楽しいのですが、
キーワードを意識して、
「素敵」「かわいい」「キレイ」を見つける
感度を高めて行きましょうというお話です。
アンテナをたてる。
バリ3で!(この言葉が通じるのは30代以降かも……なんて笑)


a0189805_11481720.jpg
お講座の後は、いざバス停。
遠足気分でバス移動です♪
敦賀のコミュニティバスは、
銀河鉄道999のラッピングがかわいい♪

目的地に到着。
まずは金ヶ崎緑地のシンボル
海沿いにあるボードデッキ。

a0189805_11481982.jpg
この日は素晴らしい秋晴れで、
海がキラキラしていて最高にキレイ。

風景の写真を撮るときも、
この風景の何がきれいなのか?意識していただきました。
空がキレイなのか?空に浮かぶ秋の雲が素敵なのか?
海の青がきれいなのか?海のキラキラが美しいのか?
それによって、撮り方って変わってきます。

a0189805_11481744.jpg
パチリパチリとおさめながら、赤レンガ倉庫のほうへ移動。
と〜〜ってもレトロかわいいんです!!

この日は、
国際文化交流フェスティバル
というイベントも開催されていました。
敦賀には、こんな歴史もあるんです。
=========================
リトアニア・カウナスの領事代理杉原千畝が
発給した“命のビザ”を持って
ユダヤ人難民が敦賀港に上陸した
=========================
このご縁から、
ポーランド・リトアニア・オランダ・イスラエルの
フード/伝統工芸/衣装/ワークショップなどが
行われていたのだそう。

杉原千畝(すぎはら ちうね)は、唐沢寿明、小雪出演の映画にもなっていましたね(^^)



a0189805_11481830.jpg
a0189805_11481793.jpg

素敵なカップや民芸、ダンスなど撮りドコロ満載でした♪


最後は、赤レンガ倉庫内のレストラン
「ソニョーポリ」でお茶会をしました。
a0189805_11481833.jpg
とってもおしゃれなレストラン〜〜

a0189805_11481857.jpg
ここで、今日撮った写真を見せ合いっこしたり、
instagramのフォロー/フォロバをしあったり(^^*)
せっかくカメラがご縁でつながったんですもんね。


a0189805_11481873.jpg
参加されたみなさん、ありがとうございました!!
そして、バックを支えてくださった、
敦賀市役所のみなさまありがとうございました!

オマケ:敦賀港イルミネーション「ミライエ」点灯式編




by deji1_yun | 2018-11-04 11:44 | カメラ女子会
福井*カメラ女子の会 vol.44 〜7周年記念・ランチ会〜
今月で、福井*カメラ女子の会を結成して、
7周年を迎えました。
*福井県在住、女性だけのカメラ・写真サークルです。

早いもので!!!

現在、メンバーの名簿は、約550名。
この7年で、
カメラ女子会は44回、
カメラ女子ツアーやカメラ講座は20回以上。
写真展も7回。
のべ人数でいうと約1,000名のカメラ女子で、110.png
活動してきました。

あらためて数字にすると、
すごい〜、
代表の私としては、
ありがたい〜に尽きます。

みなさま。本当にありがとうございます!

a0189805_22380104.jpg

さて、今日は、
そんなアニバーサリー月ということで、
ささやかですがランチ会をしました。

本当は、みんなでワーーッとパーティしたかったのですが、
個人的な余力がなく…(^^;)
→またの機会に。

場所は、福井市ハーモニーホール敷地内の、
グランシェフ・クーゼー」さん。

フランス料理のお店ですが、
ランチタイムはお手頃で、
とっても素敵なお料理が食べられますの♪

お昼に集合して、
まずはいつものように自己紹介。

2011年、カメラ女子の会第一回目のイベントから
来てくれている子もいますし、
初参加の子も(^^*)

・お名前
・持っているカメラの機種
・撮るのが好きなもの

を、それぞれ教えていただきました。
a0189805_22380107.jpg
その後は、いざランチ!

a0189805_22380150.jpg
写真は単焦点につけかえて撮りました。
▼この単焦点レンズを使用
Canon EF40mm F2.8 STM

9種類のプレートランチです。
小さなココットが、かわいい〜〜〜(^^*)

お料理の説明もありました。
覚えている範囲で…
かぶのスープ、お魚のフリット
お肉のロースト、里芋のキッシュ。
福井ポークのポタージュはバターライスにかけて。

a0189805_22380108.jpg
あーー幸せ。
おうちじゃこんなに品数は絶対に出せないですもの。

食後のコーヒー・紅茶と
デザートもついてきます。
a0189805_22380204.jpg

いちごのムースかな?(^^*)
おいし〜〜。

こちらの写真はマクロレンズにつけかえて撮りました。
今日はレンズ交換何度もして撮ってしまいました。
楽しい〜。

▼このマクロレンズを使用
タムロン AF60mm F/2 DiII LD[IF] MACRO1:1

ゆっくりデザートを楽しみつつ、
豪雪の話や、海外旅行の話、
神様の話(笑)、レンズの話など
いろいろな話をしました。

女子会、楽しいなあ。
それぞれのメンバーに、
私は会ったことがありますが、
メンバー同士はお初の方もたくさん。

でも、こうしておしゃべりできること、嬉しいです。
カメラ女子の輪が広がること、嬉しいです(^^*)

a0189805_22380245.jpg
参加くださった、15名の皆様、ありがとうございました!
またカメラ女子会しましょうね!



by deji1_yun | 2018-02-25 22:41 | カメラ女子会
福井ふるさと百景カメラ女子ツアー@今庄宿 その2
ツアーレポート、その2です!

その1はこちらから…
若狭屋さんでのランチの後は、
今庄総合事務所へ移動。
調理室にて、「吊るし柿作り体験」!

「今庄のつるし柿」は、
どんなにお腹がペコペコでも
「ひとつ食えば、一里、三つ食えば三里歩ける」
という言い伝えがあるそうです。

……と〜〜っても、甘いんです(^^*)

a0189805_23533901.jpg
これが自分で作ることができるなんて!
その道のプロに、工程を教わりました。

1.ヘタを取る
収穫した柿のヘタをむしります。

2.カンザシを作る
柿の枝部分を1.5cmほどに切ります。
これが髪飾りの簪(かんざし)に見えることから、
カンザシ、というそうです。

a0189805_23534091.jpg
3.へたまわし、たてむき
柿の皮を剥きます。
なんと専用の道具が!
初心者なので、悪戦苦闘しながら、
剥きます。
この剥き方も今庄特有なのだあとか。
a0189805_23533943.jpg
4.縄にカンザシをひっかけて、吊るす
2で作ったカンザシを縄にひっかけて、
風通しのいいところに吊るします。
お日様が出ている日は天日干し(カビ防止)
といっても、この時期の福井県は、なかなかお天道さまみられません。
とにかく雨に当たらないように!です。

5.燻す
今庄の吊るし柿の大きな特徴の香ばしさ。
それはこの燻す工程にあります!
燻すのに使う木の種類も指定が。

6.たねわり
シワシワになった柿を、もみもみして
中の繊維を柔らかく。
ここがポイントで、しっかりすると、
ふわふわの吊るし柿に。

7.お湯で洗って、更に乾燥。
5〜7の工程は、作っているおうちによって前後するのだとか。
味の違いがでてくるようです。

a0189805_23533906.jpg

今回の体験では、1〜4までを体験!(^^*)
みんなで一生懸命作った吊るし柿を並べると…
わ〜〜テンションあがる!!
これぞ吊るし柿♪
a0189805_23533882.jpg

今回この吊るし柿の作り方を教えてくれた方は、
吊るし柿をお土産としてではなく、
フランス料理とコラボしているそうです!

そして…本場フランスに、この吊るし柿を輸出するのが
夢だそうです(^^*)
応援したくなっちゃいます。

a0189805_23533857.jpg
吊るし柿をお土産にいただき、
今度はカフェ木の芽へ。
若狭屋さんの姉妹店、
こちらも古民家をリノベーションした、
レトロなカフェなんですよ♪

ここで小休止。
あんバタートーストと、コーヒーを。

カメラ女子ですから、
食べる前に、パチリ(^^*)

休憩しながら、
今日のベストショットを選んでいただきました。

カメラ女子ツアーでは恒例となっています、
写真の発表会です。
恐縮ですが、私から講評も
お伝えさせていただきました。

白鬚神社での紅葉。
京藤甚五郎家でのレトロな一枚。
どれも素敵で、どれも好きです(^^*)

写真って、楽しいなあ。
しみじみとそう思える、時間でした。

a0189805_23533996.jpg
冬も直前ということもあり、
大変寒い中でのツアーでしたが、
ご参加くださったみなさん、
ありがとうございました!!!

by deji1_yun | 2017-11-26 23:55 | カメラ女子会
福井ふるさと百景カメラ女子ツアー@今庄宿 その1
a0189805_23462325.jpg
今回でなんと5回目!
福井ふるさと百景フォトツアー。

福井ふるさと百景」とは、
福井県内で景色が素晴らしいところ、
歴史が色濃く残っているところなどを
「福井県」が選定した100の景観のことです。

-----------------------
これまでのカメラ女子ツアーの様子はこちら


第3回 ~越前大野~
第2回 ~越前(今立地区)和紙の里~
第1回 ~朝倉氏遺跡と東郷地区~
-----------------------


今回のツアーの舞台は、北国街道 今庄宿(いまじょうしゅく)。

「今庄」とは、
福井県の南越前町にございます。

冬になると、雪深い地域で、
スキー場もあります。
福井県民にとっては、
今庄=365スキー場
というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。

そんな今庄ですが、
実は江戸時代(!)から宿場町として栄えてきた地域なんです。

「うだつがあがらない」
という言葉があります。
「うだつ」とは、建物2階、お隣の家との境目にある防火壁のことですが、
その「うだつ」がリアルに残っているのです!

前置きが長くなりましたが、(笑)
ツアーレポートはじまりはじまり♪

a0189805_23462451.jpg
午前10:00、「若狭屋」に集合。
ここは高校生とのコラボで、
古民家をリノベーション!

元々は旅籠(はたご)、いまでいう旅館ですね。
その遺構が残る、ノスタルジーな建物です。

集合したら、まずは自己紹介(^^*)
今回は20〜70代!!の、
12名の女性がご参加くださいました。

次に、私からカメラ講座を。
下見にきたときに、古民家内で写真を撮る時に、
光の向きによって撮り方に工夫が必要だったことから、

「写真の明るさを変える方法(露出補正)」
をご説明しました。

中級者さんへは、応用してシルエットの写真や、
逆光状況での撮影も。

そして街並みを取るときの構図もお伝えいたしました。

a0189805_23462349.jpg
カメラ講座の後は、いざ!

まずは「京藤甚五郎家(きょうとう じんごろう)」へ。
中を見学・撮影させていただきました。

こちら、なんと江戸時代に建てられた大型町家…
えええ、200年近く前の建物です(@_@;)
福井県の指定文化財。
貴重な建物でした。

a0189805_23462239.jpg
古くから酒屋を営んでいた旧家で、
番台やダイヤルの電話、囲炉裏、古いタンスなど、
レトロなものがズラリ!!

大興奮で、パチリ、パチリと、
シャッターを切りました。

a0189805_23462378.jpg
次に、明治殿へ。
元々は江戸時代に福井藩に仕えていた後藤家のお屋敷で、
明治時代に、天皇がご宿泊されたお座敷を
現在の場所に移築したのだとか。

恐れ多いながらも、許可をいただきましたので
明治天皇が座られた場所に座らせていただきました(>_<;)

a0189805_23462286.jpg
そこから更に村の中をカメラ散歩。
白鬚神社(しらひげじんじゃ)へ行きました。
雨が…だんだん降りしきってきます。

紅葉も終わりを迎えた晩秋。
落ちたもみじが色とりどり。
苔生す岩の上はコントラストが鮮やかです。

a0189805_23462202.jpg
階段を登り御手水で清めた後にお参り。
傘が手放せないほどでしたが、
ハレた日はこのように光が神秘的です。
(写真左は、下見のときのものです)

この神社では、普段は御朱印はいただけないのですが、
今回特別にいただくことができました。
とっても貴重!
うれしいです。

a0189805_23462271.jpg
そこから村の中を進み、
古民家レストラン「しげじろう」の裏手へ。
このレストラン、今回は立ち寄りませんでしたが、
最近オープンしたカフェ。

古民家をリノベーションした、
おしゃれなカフェなんです(^^*)
おろしそばや、コーヒー、スイーツがあるそうです♪


更に歩いて、出発地の「若狭屋」さんへ。
ここでちょうどお昼時(^^*)

a0189805_23462321.jpg
お昼ごはんは、地元の味。
十割そばと、茶飯、付け合せのおかずの御膳でした(^^)

茶飯とは、炒った豆と番茶とお醤油でもち米を炊いた、
地元では法事などで食べるごはんです。
これがおいしいんです!
お醤油の味、炒った大豆の香ばしさといったら♪

付け合せは、
・すこの酢漬け
 すことは、里芋の茎部分のことです。
・むかご(にかご)の煮っころがし
 山芋の葉の付け根に実る小さな粒(球芽)のこと。
どちらも、郷土料理です。

a0189805_23462436.jpg
食べる前に撮ってから!
わいわい・ガヤガヤ話しつつ、
舌鼓…(^^*)


この後は、今庄の特産「吊るし柿作り体験」です!
レポートその2へ続く…



by deji1_yun | 2017-11-26 23:48 | カメラ女子会