人気ブログランキング |

田舎のカメラ女子ライフ♪

雑誌nonnoに掲載/NHKにカメラ講師として出演した
カメラ女子「寺下ユン」が綴る、ハッピーフォトBlog♪
福井*カメラ女子の会主催してます!(^_^*)

<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
カメラ女子ツアー〜春のお花と、越前焼の器〜@越前古窯博物館 その2
越前古窯博物館での、カメラ女子ツアー。
レポートその1はこちら

手まり寿司でお腹が膨れたところで、
次は、越前和紙のワークショップ。

a0189805_22113992.jpg
越前和紙、というと、どんな印象でしょうか?
私は…しょうじや、ふすま、伝統的で高級。
でも、この日であった和紙は……
これまたそのイメージを覆すものでした。

なんと、和紙でできたアクセサリー!!
しかも、かわいい〜♪一点物です。

これをこの日は、長田製紙所の長田いずみ先生に
教わりながら作りました。

最初に、好みの柄/色の「もみ和紙」を選びます。
もみ和紙、とは漉いた和紙をぐじゃぐしゃと揉み、広げ、という工程をえて
できあがった、とっても頑丈で柔らかな和紙です。
a0189805_22113961.jpg
選んだら…イメージに合わせて、ちぎるor切る!

そして、アクセサリーのパーツで組み上げていきます。
これが、手先を使うので集中します。
2~3mmほどのパーツを組み合わせるのに悪戦苦闘。
でも、ぶきっちょな私でも、先生に教えてもらいつつ、完成!
かわいい!お気に入り。
a0189805_22113987.jpg
みんな十人十色で、いろんな形/色/組み合わせ。
世界にひとつだけのアクセサリーができました♪

アクセサリー完成後は、
水野家住宅の建物に移動して、小休止がわりに
お茶席を♪
a0189805_22114093.jpg
ここでも、越前焼の茶碗が登場、
淹れたてのお抹茶に、春の干菓子をいただきました。
a0189805_22114062.jpg
和室でいただくお抹茶、思わず静かになってしまいました…(^^*)

最後に、今日のベストショットを選ぶ発表会。
たくさん、たくさん写真を撮りましたが、
一枚だけを選び、タイトル/コメントをつけていただきました。
a0189805_22113930.jpg
今日のお講座でした、前ボケや対角線に配置することも、
早速試してくださって、先生冥利につきました。

みなさん、ときめくポイントって当然違う。
そんな発見ができて、とってもいい時間でした。

最後、私と古窯博物館さんからのプレゼントを。
私からのプチプレゼントには、実は紙の花びらを忍ばせていましたw
気づいてくれたかな…?

今日のために、はるばる一時間以上かけてきてくれた子もいます。
参加してくれて、ありがとう!!
1日一緒に過ごせて、とっても楽しかったです。

また、一緒にカメラ女子しましょうね!!
a0189805_22114198.jpg
最後に、福井県観光連盟のK様、福井県のO様、H様、N様、
古窯博物館のスタッフ皆様、ご尽力どうもありがとうございました。


by deji1_yun | 2019-03-21 22:13 | カメラ女子会
カメラ女子ツアー〜春のお花と、越前焼の器〜@越前古窯博物館

a0189805_22051185.jpg

3月17日は、越前陶芸村の、古窯博物館にて、

カメラ女子ツアーをしました!


古窯は、こよう、と読みます。

2017年に完成したばかりの

まだ新しい博物館なんですよ(^^)


越前古窯博物館


今回のカメラ女子ツアー、テーマは

「春のお花と器(うつわ)とカメラ」


越前焼が有名なこの地で、

春のお花と、越前焼の器を撮ろう…♪

というテーマです。


まず初めに、自己紹介を。

カメラ/写真という共通の趣味を持った女性同士。

せっかくですからお友達になりましょうということで(^^)

a0189805_22051080.jpg

そのあと、古窯博物館の資料館を見学しました。

なんと、学芸員の方のおもしろい解説付き!

解説がないと……

なんとなく、すごい壺(つぼ)なのかな…と思ってしまいますが、


「大甕(おおがめ)には、水かお酒(!?)が入っていた」

「死体を棺の代わりに甕(かめ)に入れていた」

「大きな甕を作るのは、相当な技術」

「自然釉※だからこそ出る、緑色がある」

 ※焼き物は、通常、「釉薬(ゆうやく)」という液体をかけてから、

  釜にいれて焼き上げます。

「研究者の水野九右衛門さんは、学校の先生でカメラをたくさん持っていた」


などなど(^^)


資料館を一周しましたら、

古窯博物館の中の、水野家住宅という多目的施設で、

お花の撮り方のカメラ講座をさせていただきました。

伝統的な古民家の作りが、とっても素敵なんですよ~♪

a0189805_22072586.jpg

さて、「春のお花」といえば

ふんわり、撮ってみたくないですか!?


そんなご提案の元、

・光の向き 逆光やサイド光を使ってみて

・絞り優先モードで背景ボケをしてみて

・前ボケも試してみて

などなど、お話させていただきました。


お話したあとは、実践タイム。

水野家住宅のあちこちに、

越前焼の花器に活けられた春のお花を用意しました。

a0189805_22051180.jpg

ミモザ、スイートピー、チューリップ。

菜の花に、ラナンキュラス、ギリア。

乙女椿(姫椿)に、リューココリーネ、マトリカリア。


あと、わたくし作成ペーパークラフトの椿(笑)

a0189805_22051109.jpg

古窯博物館のスタッフの方にもご協力いただいて、

た~~~くさんの春のお花が、館内中で(^^*)

探索しながら、パチリ、パチリ、おさめていきます。


さっそく前ボケを試してくれる女子も♪嬉しい!

a0189805_22051108.jpg

越前焼、というと

なんだか、渋い、重厚感のある、和のイメージでしたが、

今回お借りした花器は、すっごくかわいい形です。

どちらかというと、洋の花とも、相性ぴったり♪

お花を引き立たせてくれました!

焼き物のイメージがかわりますね!



お花をたくさん撮影した後はおまちかね、ランチ。

古窯博物館の中の、天心堂という建物に移動します。

a0189805_22051266.jpg

天心堂は、福井の伝統産業がこれでもか!と詰まった建物。

照明、壁紙は越前和紙、床は越前焼の陶板。

扉の木工細工は越前箪笥の技術を。

屋根の上には越前鬼瓦の鬼瓦が。

おぉ~。すごいぞ。


さてこの日は、越前市のO-edo+(オーエドプラス)さんの

手まり寿司弁当を、

特別に越前焼のお皿に盛り付けていただきました……


a0189805_22051250.jpg

お寿司の乾燥防止の紙を取り払った瞬間、

「きゃ~~かわいい!!」

「素敵!」

と、感嘆の声が止まりませんでした!

もちろん、シャッターも止まりませんでした(^^*)♪

パチリ、パチリ、おさめていきます。

a0189805_22051168.jpg

……途中で気づきます。

あれ、越前焼のお皿の形、一人一人違う。

そして盛り付け方も、一人一人、違う!

おそれいりました。。。!(*^^*)

a0189805_22051246.jpg

こんなにかわいいお寿司を崩すのはもったいなかったですが、

ご褒美ランチ、ぺろりと平らげました。

一つ一つ、味わいました。


↓続きはこちら↓




by deji1_yun | 2019-03-21 22:09 | カメラ女子会