田舎のカメラ女子ライフ♪

雑誌nonnoに掲載/NHKにカメラ講師として出演した
カメラ女子「寺下ユン」が綴る、ハッピーフォトBlog♪
福井*カメラ女子の会主催してます!(^_^*)

タグ:今庄宿 ( 2 ) タグの人気記事
福井ふるさと百景カメラ女子ツアー@今庄宿 その2
ツアーレポート、その2です!

その1はこちらから…
若狭屋さんでのランチの後は、
今庄総合事務所へ移動。
調理室にて、「吊るし柿作り体験」!

「今庄のつるし柿」は、
どんなにお腹がペコペコでも
「ひとつ食えば、一里、三つ食えば三里歩ける」
という言い伝えがあるそうです。

……と〜〜っても、甘いんです(^^*)

a0189805_23533901.jpg
これが自分で作ることができるなんて!
その道のプロに、工程を教わりました。

1.ヘタを取る
収穫した柿のヘタをむしります。

2.カンザシを作る
柿の枝部分を1.5cmほどに切ります。
これが髪飾りの簪(かんざし)に見えることから、
カンザシ、というそうです。

a0189805_23534091.jpg
3.へたまわし、たてむき
柿の皮を剥きます。
なんと専用の道具が!
初心者なので、悪戦苦闘しながら、
剥きます。
この剥き方も今庄特有なのだあとか。
a0189805_23533943.jpg
4.縄にカンザシをひっかけて、吊るす
2で作ったカンザシを縄にひっかけて、
風通しのいいところに吊るします。
お日様が出ている日は天日干し(カビ防止)
といっても、この時期の福井県は、なかなかお天道さまみられません。
とにかく雨に当たらないように!です。

5.燻す
今庄の吊るし柿の大きな特徴の香ばしさ。
それはこの燻す工程にあります!
燻すのに使う木の種類も指定が。

6.たねわり
シワシワになった柿を、もみもみして
中の繊維を柔らかく。
ここがポイントで、しっかりすると、
ふわふわの吊るし柿に。

7.お湯で洗って、更に乾燥。
5〜7の工程は、作っているおうちによって前後するのだとか。
味の違いがでてくるようです。

a0189805_23533906.jpg

今回の体験では、1〜4までを体験!(^^*)
みんなで一生懸命作った吊るし柿を並べると…
わ〜〜テンションあがる!!
これぞ吊るし柿♪
a0189805_23533882.jpg

今回この吊るし柿の作り方を教えてくれた方は、
吊るし柿をお土産としてではなく、
フランス料理とコラボしているそうです!

そして…本場フランスに、この吊るし柿を輸出するのが
夢だそうです(^^*)
応援したくなっちゃいます。

a0189805_23533857.jpg
吊るし柿をお土産にいただき、
今度はカフェ木の芽へ。
若狭屋さんの姉妹店、
こちらも古民家をリノベーションした、
レトロなカフェなんですよ♪

ここで小休止。
あんバタートーストと、コーヒーを。

カメラ女子ですから、
食べる前に、パチリ(^^*)

休憩しながら、
今日のベストショットを選んでいただきました。

カメラ女子ツアーでは恒例となっています、
写真の発表会です。
恐縮ですが、私から講評も
お伝えさせていただきました。

白鬚神社での紅葉。
京藤甚五郎家でのレトロな一枚。
どれも素敵で、どれも好きです(^^*)

写真って、楽しいなあ。
しみじみとそう思える、時間でした。

a0189805_23533996.jpg
冬も直前ということもあり、
大変寒い中でのツアーでしたが、
ご参加くださったみなさん、
ありがとうございました!!!

[PR]
by deji1_yun | 2017-11-26 23:55 | カメラ女子会
福井ふるさと百景カメラ女子ツアー@今庄宿 その1
a0189805_23462325.jpg
今回でなんと5回目!
福井ふるさと百景フォトツアー。

福井ふるさと百景」とは、
福井県内で景色が素晴らしいところ、
歴史が色濃く残っているところなどを
「福井県」が選定した100の景観のことです。

-----------------------
これまでのカメラ女子ツアーの様子はこちら


第3回 ~越前大野~
第2回 ~越前(今立地区)和紙の里~
第1回 ~朝倉氏遺跡と東郷地区~
-----------------------


今回のツアーの舞台は、北国街道 今庄宿(いまじょうしゅく)。

「今庄」とは、
福井県の南越前町にございます。

冬になると、雪深い地域で、
スキー場もあります。
福井県民にとっては、
今庄=365スキー場
というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。

そんな今庄ですが、
実は江戸時代(!)から宿場町として栄えてきた地域なんです。

「うだつがあがらない」
という言葉があります。
「うだつ」とは、建物2階、お隣の家との境目にある防火壁のことですが、
その「うだつ」がリアルに残っているのです!

前置きが長くなりましたが、(笑)
ツアーレポートはじまりはじまり♪

a0189805_23462451.jpg
午前10:00、「若狭屋」に集合。
ここは高校生とのコラボで、
古民家をリノベーション!

元々は旅籠(はたご)、いまでいう旅館ですね。
その遺構が残る、ノスタルジーな建物です。

集合したら、まずは自己紹介(^^*)
今回は20〜70代!!の、
12名の女性がご参加くださいました。

次に、私からカメラ講座を。
下見にきたときに、古民家内で写真を撮る時に、
光の向きによって撮り方に工夫が必要だったことから、

「写真の明るさを変える方法(露出補正)」
をご説明しました。

中級者さんへは、応用してシルエットの写真や、
逆光状況での撮影も。

そして街並みを取るときの構図もお伝えいたしました。

a0189805_23462349.jpg
カメラ講座の後は、いざ!

まずは「京藤甚五郎家(きょうとう じんごろう)」へ。
中を見学・撮影させていただきました。

こちら、なんと江戸時代に建てられた大型町家…
えええ、200年近く前の建物です(@_@;)
福井県の指定文化財。
貴重な建物でした。

a0189805_23462239.jpg
古くから酒屋を営んでいた旧家で、
番台やダイヤルの電話、囲炉裏、古いタンスなど、
レトロなものがズラリ!!

大興奮で、パチリ、パチリと、
シャッターを切りました。

a0189805_23462378.jpg
次に、明治殿へ。
元々は江戸時代に福井藩に仕えていた後藤家のお屋敷で、
明治時代に、天皇がご宿泊されたお座敷を
現在の場所に移築したのだとか。

恐れ多いながらも、許可をいただきましたので
明治天皇が座られた場所に座らせていただきました(>_<;)

a0189805_23462286.jpg
そこから更に村の中をカメラ散歩。
白鬚神社(しらひげじんじゃ)へ行きました。
雨が…だんだん降りしきってきます。

紅葉も終わりを迎えた晩秋。
落ちたもみじが色とりどり。
苔生す岩の上はコントラストが鮮やかです。

a0189805_23462202.jpg
階段を登り御手水で清めた後にお参り。
傘が手放せないほどでしたが、
ハレた日はこのように光が神秘的です。
(写真左は、下見のときのものです)

この神社では、普段は御朱印はいただけないのですが、
今回特別にいただくことができました。
とっても貴重!
うれしいです。

a0189805_23462271.jpg
そこから村の中を進み、
古民家レストラン「しげじろう」の裏手へ。
このレストラン、今回は立ち寄りませんでしたが、
最近オープンしたカフェ。

古民家をリノベーションした、
おしゃれなカフェなんです(^^*)
おろしそばや、コーヒー、スイーツがあるそうです♪


更に歩いて、出発地の「若狭屋」さんへ。
ここでちょうどお昼時(^^*)

a0189805_23462321.jpg
お昼ごはんは、地元の味。
十割そばと、茶飯、付け合せのおかずの御膳でした(^^)

茶飯とは、炒った豆と番茶とお醤油でもち米を炊いた、
地元では法事などで食べるごはんです。
これがおいしいんです!
お醤油の味、炒った大豆の香ばしさといったら♪

付け合せは、
・すこの酢漬け
 すことは、里芋の茎部分のことです。
・むかご(にかご)の煮っころがし
 山芋の葉の付け根に実る小さな粒(球芽)のこと。
どちらも、郷土料理です。

a0189805_23462436.jpg
食べる前に撮ってから!
わいわい・ガヤガヤ話しつつ、
舌鼓…(^^*)


この後は、今庄の特産「吊るし柿作り体験」です!
レポートその2へ続く…



[PR]
by deji1_yun | 2017-11-26 23:48 | カメラ女子会